ENGLISH お問い合わせ

ポータルトップどっと来いモール成果型報酬サービスインフォメーション利用規約無料リンク

誰でも記事の閲覧や編集が可能Wikiどっと来いへようこそ。

アウトソーシングとは

お客様のIT(情報技術)システムやアプリケーションを、相互にメリットのある契約の下で運用・管理 すること。 お客様が本業に集中し競争力を高められるよう、幅広い形態のサービスを提供し、運用、保守に加え、業務支援、更にはオンデマンドのサービスへと、お客様のご要望に合わせた新たなサービスの開発・提供を行うことにより、以下の効果が得られる。 • IT コストを削減し、高い価値を株主に還元できる • 次世代のインフラストラクチャーやアプリケーションに柔軟に移行できる • 自社のコア・コンピテンシーに集中できる • サービス・レベルを改善できる • 業界、ビジネス、テクノロジーの専門家の力を利用できる アウトソーシングの領域

①サーバシステムの運用管理 ⇒標準化、自動化・監視技術、最新技術を適用することにより、効率化した品質の高い運用サービスを提供する。 ②アプリケーション開発/保守 ⇒一定期間に決められた仕様のシステムを開発する一時的なサービスであるSIで培ったアプリケーション開発/保守の経験と管理手法により、効率的な開発・保守部門を提供する。 ③分散システム運用管理 ⇒ミッション・クリティカルな環境を含む業務サーバーを運用・管理します。標準化、自動化・監視技術、最新技術を適用することにより、運用の安定化、障害対応の迅速化、人為ミスの防止が期待できる。 ④ネットワークアウトソーシング ⇒ネットワーク・システムの企画/設計から構築、運用/保守、評価まで一貫して行う。 ネットワークアウトソーシングの特徴として以下が挙げられる。 • ネットワークの全てのライフサイクルを提供できるスキルと体制 • 通信キャリア・機器ベンダーにとらわれない最適なネットワークの提供 • 豊富なアウトソーシングの実績で培った運用管理のノウハウ • システム~ネットワークまで含めたフルスコープ・アウトソーシング アウトソーシングにすることによるメリット(戦略的アウトソーシングサービス) コスト削減しつつ、企業戦略の具現化と実現スピードを高める”戦略的アウトソーシングサービス“についてのメリットとしては ① 需要に応じて適切な処理能力を持つ機器を手にできるようになる。 ② それまでの機器導入に伴って生じていた大きな経費の変動を平準化し、事業計画における投資の影響を低く抑えることができる。 遠隔システム運用アウトソーシング アウトソーシング導入時に、現状分析、技術設計、運用設計、導入、構築を実施し、当社技術者がリアルタイムに遠隔運用を行う。 遠隔システム運用アウトソーシングのメリット お客様の運用方針やセキュリティポリシーに基づき、設計。 高品質かつ効率的な監視・運用を考え、設計。 物理操作以外の監視・運用作業がアウトソーシング可能。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS