ENGLISH お問い合わせ

ポータルトップどっと来いモール成果型報酬サービスインフォメーション利用規約無料リンク

誰でも記事の閲覧や編集が可能Wikiどっと来いへようこそ。

プロトコルとは ネットワークを介して通信を行う上での約束事です。表準的なものは TCP/IP です。

○TCP/IP TCP/IPを中核とした多くのプロトコルから構成されるプロトコル郡の総称

プロトコル(TCP/IP)階層モデル

4層 アプリケーション層(HTTP、SSH、FTP、DNS、TELNET、SMTP等)    →アプリケーションを構築するためのプロトコル

3層 トランスポート層(TCP/UDP)    →相手まで確実に効率よくデータを届けるためのデータ圧縮や誤リ訂正、再送制御など行う。    *TCPとUDPの違い     信頼性が高いものがTCP、転送速度が速いものがUDP。それぞれの特性を生かして使われる。

2層 インターネット層(IP、ICMP、ARP、RARP)    →送信先のIPアドレスによって適切な経路を判断し、目的地までデータを運ぶ    *データが相手に確実に届けられたかの保証は無

1層 ネットワークアクセス層(イーネット、PPP、FDDI)    →ネットワークインターフェイス間のデータのやりとりの管理

1層から4層で一番ユーザーに近いものは4層、1層はハードウェアに一番近いです。 ユーザーがデータを送信する時4層から順に1層まで移動し、受信する場合は逆の順に移動します。 送信時ヘッダは順に付加され、受信の場合ヘッダは順に取り除かれ、結果純粋なデータのみになります。 (ヘッダ:データ自体に関する情報。例えると荷札のようなもの)

○イーサネット LANの世界でもっとも使用されている1層のプロトコル。 主流は伝送速度100Mbpsの100Base-T。ケーブル長さは100M。

・接続形態 バス型:1本の回線を複数の機器で共有する(ケーブルの端には終端抵抗が取り付けてあり、信号が反射して雑音になるのを防いでいる。) スター型:集線装置(ハブ)を介して各機器を接続する(配線の自由度が高いのが特長) カスケード接続-ハブのポート数が足りない時に複数台のハブを階層状に接続する事。         任意のポートをクロスケーブルで繋ぐ。100Base-Tの場合2段階まで。 スイッチングハブ-どのポートにどのコンピュータが接続されてるのかをMACアドレスよって記憶し、          通信を行っているいるコンピュータ同士を接続しているポートのみに信号を流し、          コリジョン(衝突)を起こりにくくし、ネットワークを効率的に使う事。          イーサネットは基本的には送受信は同時に行えないが、上記の方法では可能になる。

・MACアドレス Media Access Controlアドレス イーサネットでは、ネットワーク内の個々のコンピュータをMACアドレスと呼ばれるアドレスで識別しています。 IPアドレスではインターネット層のIPで管理されるアドレスで、下層であるインターネット層では相手を特定できなくなるので必要になってくるのです。 6バイト(48ビット)の長さのハードウェアに固有のアドレスで、通常は1バイトごとに16進数で表記しまし、『:』で繋ぎます。 最初の3バイトは「ヘッダーコード」と呼ばれ、IEEEによってベンダー毎に割り当てられていて、残りの3バイトはメーカー毎のシリアルナンバーのようなもので重複はしないようになっています。

・MACアドレスとIPアドレスの変換 送信先のコンピュータは通常IPアドレスによって指定されています。 その為IPアドレスとMACアドレスを変換する仕組みが必要→ARPプロトコル 逆は→RARPプロトコル 変換テーブルは「ARPキャッュ」と呼ばれるテーブルに保存されます。

○IPアドレス →インターネット層のプロトコル「IP」で相手のコンピュータを特定するのに使用される。

・IPアドレスの表記 IPアドレスは32ビットのビットの並びで、通常8ビットごとに『.』で区切り10進法で表します。

0011110101111010001001100110011    ↓ 00111101 01111010 00100110 01100011    ↓ 61.122.38.99 

・ネットワークアドレス部とホストアドレス部 前方より3区切りまで→ネットワークアドレス部(ネットワークを識別する) 最後の1区切り→ホストアドレス部(ネットワーク内のホストを識別する)

・ネットワークを接続するルータ IPアドレスのネットワーク部が異なるコンピュータは、異なるネットワークに属しているとみなされ、互いに通信できるようにする為には「ルータ」で仲介してやる必要があります。 ルータは通常2つ以上のネットワークポートが用意され、それぞれのポートにIPアドレスが割りふられています。 イーサネットフレームに埋め込まれたMACアドレスはルータを通過するたびに変更される。

・IPアドレスはネットワークインターフェースごとに割り振られる →複数のネットワークインターフェイスがあれば、1つのコンピュータに複数のIPアドレスを割り振り、ルータとして使用することも可能です。

・サブネットマスク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS