ENGLISH お問い合わせ

ポータルトップどっと来いモール成果型報酬サービスインフォメーション利用規約無料リンク

誰でも記事の閲覧や編集が可能Wikiどっと来いへようこそ。

デジタル放送で一度だけ複製が可能な「コピーワンス」機能が付いた番組を、記録型DVDなどの記録メディアに保存する際に必要な著作権保護技術。 デジタル放送の複製コピーを禁じるのが狙い。 デジタル放送は録画と複製を何回繰り返してもアナログ放送のように画質が劣化しない。このため、複製されたデジタル放送がインターネットや違法コピーなどで安易に流出する恐れがある。 アナログ放送では何度も番組の複製を繰り返せたが、デジタル放送では1つの記録媒体にだけ複製できる「コピーワンス」機能を設けた。ハードディスクに保存したデジタル番組をDVDディスクなどに移すと、ハードディスクからは番組が削除される。 「コピーワンス」付きの番組の録画には、CPRMに対応したディクスが必要、CPRM対応の記録メディアには、一枚ごとに固有の「メディアID」と一定の生産枚数ごとに変更される「メディア・キー・ブロック」という情報が記録されている。 デジタル放送の録画には、この二つの情報と、録画機器が持つ「デバイスキー」を使って番組を暗号化して記録する。IDを使って複合化するため、再生機器もCPRM対応にする必要がある。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS