環境とエコのポータルサイト ENGLISH サイトマップ 利用規約 お問い合わせ 
環境に関する様々な情報(再生可能エネルギー・環境問題等)と健康に関する情報サイト 
カスタム検索
■サイト内検索■
■Contents Menu■
■お問い合せ■
  ホーム >> 環境ニュースヘッドライン >> メイン

環境ニュースヘッドライン

  メイン  |  簡易ヘッドライン  


現在データベースには 5981 件のデータが登録されています。

rdf rss atom

最新 RDF/RSS/ATOM 記事

feed icon AGU (American Geophysical Union) Fall Meeting 2016参加報告 [3] 2基の人工衛星による温室効果ガスの全球観測が導くこれからの温暖化研究 in link 地球環境研究センターニュース (2017/3/17 14:00:00)
人為的な温室効果ガスの排出によって、地球の炭素循環にどのような変化が起きているのか、その変化がどのような影響をもたらすのか、さらにその影響をどのように緩和することがで ...
feed icon インタビュー「地球温暖化の事典」に書けなかったこと [21] 気候変動の複雑な仕組みが見えてきた—より詳細な温暖化の解明に挑む— in link 地球環境研究センターニュース (2017/3/17 14:00:00)
「地球温暖化の事典」(地球環境研究センター編著)の執筆者に、新たな知見や今後の展望などをインタビュー。第21回は、向井人史さんに、地球温暖化と気候変動の研究についてお聞 ...
feed icon 謝謝! 气候変化的科研工作者—日中の学生がセンター訪問で学んだもの— in link 地球環境研究センターニュース (2017/3/17 14:00:00)
2017年1月12日に、早稲田大学と北京大学の学生を率いて、地球環境研究センター(以下、センター)を視察しました。早稲田大学環境・エネルギー研究科と北京大学環境科学与工程学院は ...
feed icon 地球環境研究センターの活動に期待することを住明正理事長に聞きました in link 地球環境研究センターニュース (2017/3/17 14:00:00)
国立環境研究所住明正理事長(理事(2012年10月から)および現職(2013年4月から))に、これからの地球環境研究センターの活動に期待することなどを、地球環境研究センターニュース ...
feed icon 富士北麓カラマツ林サイトにおける林床部炭素フラックスの長期観測—10年の観測結果から— in link 地球環境研究センターニュース (2017/3/17 14:00:00)
全球規模では、年間約98Gt(1Gt[ギガトン]= 10億トン)のCO2が土壌から放出されています(土壌呼吸)。土壌呼吸は植物根の呼吸と、微生物による土壌有機炭素の分解(微生物呼吸)に ...
feed icon 【最近の研究成果】ライダーによる北東アジアからの高濃度オゾン・エアロゾルの同時観測 in link 地球環境研究センターニュース (2017/3/17 14:00:00)
温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)の検証のために2011年3月から佐賀大学でライダー観測を行っている。2015年3月20日から31日まで天気の悪い時間を除いてライダーによる連続観測を行った ...
feed icon 魅惑と混迷の国インド —CONTRAILが捉えた冬小麦のCO2吸収— in link 地球環境研究センターニュース (2017/2/20 12:00:00)
溢れんばかりのバイク、リキシャ、車そして人々の秩序なき往来。舞い上がる土埃。押しの強い路上の物売り。連綿たる歴史が息づく遺跡の数々。発展目覚ましい情報産業。数々の強烈 ...
feed icon 国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)報告 政府代表団メンバーからの報告:パリ協定発効、ルールづくりの加速が求められる in link 地球環境研究センターニュース (2017/2/20 12:00:00)
今次COP開幕を前に、2016年11月4日にパリ協定が発効した。協定が採択されたのがつい一年前であり、気候変動交渉の通常の進み具合に照らすと、そのスピード感は目を見張るものがある。 ...
feed icon AGU (American Geophysical Union) Fall Meeting 2016参加報告 [1] Madden Julian Oscillationに関する研究の動向 in link 地球環境研究センターニュース (2017/2/20 12:00:00)
“The Madden-Julian Oscillation: Observations, Theory, Modeling, and Prediction” のセッションについて報告する。筆者はこのセッションでポスター発表を行った。Madden-Julian Oscillation (MJO) とは、水平数1000k ...
feed icon AGU (American Geophysical Union) Fall Meeting 2016参加報告 [2] 20年目を迎えたフラックスネットワークとビッグデータ時代 in link 地球環境研究センターニュース (2017/2/20 12:00:00)
陸域生態系の炭素収支に関わる発表についてレポートする。タワー上において渦相関法と呼ばれる方法で陸域生態系と大気間の物質交換量(フラックス)を観測する研究が世界中で行わ ...
« [1] 3 4 5 6 7 (8) 9 10 11 12 13 [599] » 
その他 その他

execution time : 0.204 sec

運営会社利用規約

© 2001 dotto-koi All right reserved.